読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4:00AM

”考えろ”なんて言わないから

--

こんな気分のときに誰かと話ができたら

 

ちょっとしたことを教えてくれたら

 

それだけで随分救われるんだろう

 

楽しそうな彼らに触れることはできない

 

心が、寒くて

 

みんなに憧れてる

 

何も知らない、何でも分かっている人たちが羨ましくて苦しい

 

誰かいませんか

 

そんなことを、重複するまで無意識に呟いてた

 

苦しい

3/21

日記 考え事

欲しい欲しいが積もりに積もって、手に負えなくなってしまうのは、(おおかたの人間にとっては)半自動的な機能で、仕方ないと言えばそうだ。
けれど、欲しがった、やがて手に入れたものを管理する、保護する機能は、個人の裁量次第なわけで、ひとびとの間で差が出来るとすれば、その点が大きいんだろうと思う。
欲望のことだけじゃなくて、他のことでも同じだろうけど、一般的に誰でも持ってる機能程度と、個人の天性や努力に依存する能力を混同すると、一見正しいようなことを言っていて論理的に見える物が、実はただの感情論、もしくはそれにすら満たない戯言になっていたりする。
よく見る光景。痛々しく、未来が不安になる光景。

 

・・・・・・脱線・・・。

 

それで、僕にはその容量というのが十分に無い、もしくは他のもので場所を取り過ぎているらしく、欲しいものや人のことを考える度、自分には手に負えないだろうなと思ってしまう。
手に入れてしまえば、きっと幸せになれるだろうけど、近いうちにそれを強く握り過ぎて壊してしまいそう。
しかし、
「こいつは十分手に負える。」
そんな対象があって、人間があったとしたなら、きっととても残酷なことだろう。
だからいっそのこと、何事も手に負えないって分かればいいのに。

 

 

「進路や就職はまったく未定だが人間的目標は、多大なる目標が存在するんだ」
と言う(言ったこと無いけど思ってるらしい)割にはずいぶん自信がないじゃないか。
自信の無さが一種の強みであったことは確実だ。
ネガティブなものが個性に深く侵食していくようだった。
ずっと前からそう。
だから問題にしなくていいのだ。
でも心配だ。不安症の上にある、漠然とそこに浮かんでる、何十年後も後に気づいてしまいそうなその絶望がたまらなく恐ろしい。
少しばかり打擲してやればすぐ元の形に戻ってしまう、現代的な意味で頑丈な心も、そればっかりは対処しようが無いんだけど。

 

*人の上に立つことは好きじゃないと思っているけれど、人を見上げているのも上手じゃない。

3/19

日記 考え事

他人のどうでもいい言葉でこの軽薄な自尊心が、嘘だって分かってても自分を守ろうとする言葉がぶっ壊されてしまいそうになる。
自分の世界を創り上げて維持しなきゃならないのは、生まれた時に何も特別な意味を持っていなかった僕が、今も誰かの悲劇や才能を見て胸を抑えてしまうような人間だから。

 

「病み期だ」
いつもよりずっと小さな声で、いつもよりずっと暗い顔をしてそう言った友人の前で、自分の思う言葉はたぶんこの人を壊してしまうだろうと、そこまで考えが至ったことは自分にしては珍しいことだと思う。
正論は人を殺すという避けようの無い理論を、誰かに食らいながら誰かに食らわすような不毛な事は、少しずつ減らしていきたい。
そういうわけで彼の助けになろうと、割と心の中から思って言ったものは、どう受け止められたかもわからない。
自己満足が同じように彼を傷つけないように、ということも考えてはいたけど。
家に帰って少しして、もしかしたら自分が気持ち悪いんじゃないか、なんて考え出して止まらなかった。

 

誰かには他の誰かが助けになってくれる。僕はそのために必要ない。
これは割と大事なことだって自覚した。
自分にとってその誰かがいるかなんて知らないけど、(誰か誰かと言って、その誰かが誰なのか、自分は分かってる)献身に酔うのは、そんなつもりじゃなかったとしても、良いことじゃないよね。
理屈で分かっていても、口の勝手な動きを制御するのは簡単じゃなくてさ、でも習慣にしてしまえばきっとうまくいく。
笑い方の変遷ってのはある。

―――――

読みたい本がたくさんある。

カミュカフカサリンジャー、シモ―ヌ・ヴェイユ夢野久作
あと安倍公房も興味がある。
休み中にどれだけ読めるかなぁ。
目的達成したらたぶん今までで一番”有意義な”休みになるよ。

selfish

考え事 日記

避けることがどうしてもできないと理解した瞬間、まったく別のベクトルを持つ思考が頭の中を飛び回る。
どっちにしたってうまくいかないことは分かっているし、後悔が残ることも分かってる。
自分が不安で仕方ない対人関係の問題を、同じように他人に突き付けようとしている。
そのエゴイズムは持ち得る苦痛の反動だ、なんて言い訳をする暇もなく、嫌いと幻滅は割とすぐに襲ってくる。
でもやっぱり言われるままにしなきゃならない。
もちろん指示が理由じゃない。
(きっと)困る人がいるからだ。
このクソみたいな責任感が大嫌いで、いつも損をしている気がする。
性格の問題、不安症、萎んでいった自殺願望とかの下で、たびたび行き詰る。
死ぬまで何年もこんなこと続けてたら死ぬだろう。
でも死なない。
これが不条理かと頭を抱えるのも何度目か分からない。
絶望的で”明日”からずっと遠くにいる朝日を浴びるのは、怖くて、不安で、目を開けられないような朝がある。
自己肯定感を摂取する(いつか消えて、そのたびに薬を飲みながら生きる)ために言葉が欲しくて、誰かの感情と思想が欲しくて、とにかく下を向いて本ばっかり読んでいたい。
もはや有意義とか本質なんていう、死んでしまってもう誰かが勝手に造形した言葉に頼れない。
出鱈目な寂しがり屋はどちらに転んでも大騒ぎしてる。
きっと何かに満足するなんてことができないまま…望んだ死は一生、死ぬまでやってこない。

3/8

日記 考え事

不安の根底にあるものを探している。
多分いつも、ずっとそうしてきた。
他の誰かは何も気にせずやっていることを、自分は何故かとてつもない心労を伴って行う、或いは何もできずに家に帰ってしまう。

 

経験値の欠乏と言えばそれもそうかもしれない。
半分正解で、もう半分は別の理由があると思っている。
べつに人間不信が深く根付いているわけじゃない。
簡単なルールは簡単なふうに従っていれば済むことなのに。
一度それを超えれば楽になるだろうか?
ということを一度もやらずに考えているから進展がない。
今まで嫌っていた感情に、少しだけ従ってみる。
逆に今まで甘んじていたものには、少し厳しくする。
そんなことができたら理想的でハッピーなんだけど、うまくいくもんじゃない。
第一、うまくいくってのは結局は運じゃないのか、なんて。
自分でできる努力、そもそも努力なんてできることは自動的にやってる。
背反する人間が互いに突き放し合って偶然丸く収まっただけのような気がする。
本当の事は分からない。

 

夜、安全地帯の周囲が完全に真っ暗になってから、希望のことを考え始める。
それは割と良くない習慣かもしれない。
実行を後に移すのが簡単だから。
いつも深夜になってから決心して、明日にしようって言うの。
このままずるずるいってしまうから本当にやめないと。
そういうわけで、明日は頑張ります。

好きな人もすぐ嫌いになってしまう

見たくない人ばかりが増えていく

もう駄目だと言ってしまいたい

とても酷いことを願っていると思う

現れる度に胸が痛くなる

ちょうどいい距離感はいつも分からない

これだから一人だって、朝起きてもただ寂しい気がするし、良いことなんて今日も明日も無いだろう

また不安になった

うまくやれなければ僕は彼らを嫌いになる

2/25

日記 考え事

胸が苦しいから何か書こうと思って、でも特に書きたいことは無いような日々、うんざりしながらも昨日と同じ今日を過ごして、明日は今日や昨日と同じ日になる。
何か書いたとして、別にネットの海に投げ入れる必要なんてどこにもないじゃないか。一人で日記でもつくって書いてたらいいと思う。
やっぱりそれで自己顕示欲だけが動力になっていることを再確認した。
いつも不安。
こんなことしていて、何か変わるの?
と言われれば、首を傾げたまま口を開けなくなるだろう。
生活で劇のような振りをしてしまうことも、最近は気にかけている。治りはしない。
きっとその辺はまだ子供なんだって。

 

自分の世界を組み立てなければ、きっとつまらない人間になってしまう。
でも、つまらない人間になってしまうだけで、別に損をすることも、死ぬことも無い。
嫌いな誰かと自分との間に明確な差をつけたくてこんなことをしていて、心が満たされるわけもなくただ読んだって誰も得をしない。
普通の人間で居たくないとか、憧れている人に近づきたいとか思ってる。

 

別の方法を考えようとか思う前に、やらなきゃいけないことはたくさんある。
便宜的に個人という名の付くモノクロの人間像を以て、一年くらいはそれに集中しなくちゃいけない。分かるよね。
本当に、つまらない。
気づいた時には猶予が無い。
今動こうと思えるのは寝る前の一瞬だけ。
その一瞬は翌朝には夢に上書きされてしまう。
今日もそうやってほとんどが終わってしまった。
お金が無いとか考えながら通販サイトをスクロールする。
味気なくて救いようの無い生活、そろそろ変えよう。