読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4:00AM

”考えろ”なんて言わないから

3m

どこにでも本物と偽物がいる。
みんな本気だとかみんな嘘だとか、限定はできないだろう。
何事もそうだけど、100か0の考え方しかできない人は、悪意が無いなら別に嫌いではないけど(好きでもないけど)、少し怖いと思うよ。
別に誰かに文句言ってるわけでもないんだけどさ。

 


悲しい物語が好きな人たち
共感は大事なことだと思う。
それで救われることはたくさんある。
人が死ぬお話。
誰かが泣きわめいて救われない、多くの人が憧れてしまう物語。
悲劇の主人公になりたいのだろうか、もちろん彼らのほとんどはそんなことに思い至らないだろう。
自分に正直な人間は恐らくその一歩手前で立ち止まって苦しんでいるというのに、まあ簡単な話、気づかなければいいんだ。
僕から見たら滑稽で見苦しい。それだけ。

 

鬱系コンテンツに限らず、だいたいのフィクションは悲しい出来事が中で起こっているわけで、或いは複雑な事情を持った人間なんかが生きていくもの。
悲劇なんて、簡単につくれてしまう。
増えすぎたのだ。
本来そういうものは、一部の人々の中にある暗い部分に響いてくるものだったはずなのに、いつからかどーでもいい人たちが悲劇に近寄って食い散らかすようになった。
共感とは過程が逆になってしまった。
簡単に作れる悲劇がそれなりにウケる時代。

 

メンヘラの中にも本物と偽物がいる。
全部一まとめにして避難するのは、なんていうか、情が無いなぁなんて思う。
中には嘘だと気づいていない人もいるだろう。
僕だってそうかもしれない。
でも嘘だと気づいていてそれでも死にたいという言葉だけを呟いて喜んでいるのは見たくない
それすら、仕方ないことなのかも知れない。
救われない、救われないのは彼らを救おうとしてくれる人間だ。
一度確認をした方がいい。
「あなた本当に救われたいの?」って。

アウトプット

思ったことを外に吐き出していく方法はいくつかあって、最近はそのうちの一つに固執しすぎていたんだとようやく気付いた。
それは例えば絵とか小説とか、あとはこの日記という体をとったデジタルな紙切れだったりする。
写真も自己表現の方法だって言われたりする(というのを聞いたことがある)けど、厳密には、僕にとっては少し違うんだよね。なかなか思った通りにできないから。写真楽しいけどね。
書き物が行き詰った時に絵を描いてみたら、けっこう上手くできたりすることがある。
ハートのマークと緑色の矢印は分かりやすくてやる気になる。
手段を選んでやっていかないといけないね。

 

小説の中に伝えたいことが組み込まれる、そういうものが小説だとしたら、それは比喩的に何らかの形に変えられる。
直接的に書くのは小説よりも日記の方が向いてる。
それに、最初から何かを思ってそのために小説を書く、なんてやり方は経験が無い。
いつもなんとなく街の中に人物を置いて、自動筆記じみた雑多な書き出しに続いてたまたま出てくるだけ。
一番大切だったのはこれだと思う。

 

小説を書く際に”テーマ”なるものを決めて作ろうとしたけど、要は、それは日記にした方が良かっただけ。
どうしてもっと早く気づけなかったかな。
何でもかんでも小説一つに詰め込もうとしたから行き詰ったんだ。
考え出したことも、「これは小説に合ってない」と投げ捨ててしまった。
勿体ないことこの上ない。

― ― ― ― ―

「数は力だ」
通る度にそんなことを思う道がある。
信号で止まると、人が溜まる。
みんな友達と、仲良く帰っているようで。
風が強かった。
髪が舞い上がってすごいことになってた僕は一人だ。

 

お友達と一緒に居ると、どんなに下らないことでも話題にできてしまうし、それなりに面白い。
自分だってそういう時はあるけど、独りになってみるとこういう状況は少し怖い。
もちろん誰が何を思ったって興味はあんまりないけど、、いや、あるのかもしれない。こんなこと書いてる時点で。
数は力。
言い換えれば、彼らにはそれしか無い。
まーた被害妄想が始まったよ。
仲間が居る人は強い。
そりゃあそうだ。
無くしたらどうなってしまうんだろう。
結果が僕と同じなら、僕が彼らを怖がるのは少し可笑しいのか?

 

とにかく、人が多い道を歩きたくはない。
自分が向こう側の立場だったとしても、独りでいる人間を話題にするようなことは、したくない。
もう一人自分がいたとして、そいつに嫌われないように生きたい。
いつもそればっかり考えている。

2月3日

みんなおはよう。
こんばんは。
おやすみなさい。

 

実に現実感の無い、最近は寝てばかりいる。
浅い眠りで夢をよく見る。
どれも現実で、どれも何処か浮いている。
生きている感じなんてもともとなかっただろう。
これはいつも通りだ。
生きている実感なんて、死ぬ瞬間にしか分からないだろうから。
気にしてしまうことに意味は無くは無いだろうけど。

昨日見た人間が消える。
明日には会える。
風邪をひくというのはそんなもの。
「今日はあの子来てないね」が毎日続いたら、死んだのと同じだろうか。
また戻ってくるという確信/期待があるだけで、ずいぶん違うものだ。

 


性懲りもなく、また小説を組み立てている。
あれから結局”いけそう感”なるものは全然ないんだけれど、終われば楽になるだろうと思って。
区切りにするために書くってことも、別に良いだろう。
そこまで自分に厳しくしなくても、と思う。
でもそれをやめたら、完全に死んでしまう気もする。

 

自分に合った書き方というのはつまり楽なやり方のことだし、それは制約をかけてないのと一緒だ。
ただやりやすい方に傾いた。
それは過去が無かったからだ。
今、必死でそれを避けようと、そして適度に混ぜようとしている。
これ、難しいんだ。舐めてたね。
だから完成させたい。

 

確か、去年の12月6日だった。
諦めた。そう言って一つ、二つくらいの案をボツにした。
抱えていたものが一旦無くなった。
その夜、とんでもない不安で心がダメになった。
深夜、たくさん泣いた。
泣きそうだとか泣くとか言ってるけど、実際に泣くことって本当に珍しい。
それで少し気が楽になった。
不安を解消していこうと、思った。
未だ一つも消えてない。
結局は気の持ちようなのかも。
いつも結果が甘い。
その程度で悩んでたんだ、なんて思いたくない。
いつだって過去の笑い話というのを楽しめない。

 

外に出よう。
そんなことを思っては寝過ごしてしまう休日がやってくる。

あなたは知らない。

あなたは知らない。
私のことを、何も知らない。
それだから私はいつも通り生きていられるし、もしあなたがそうやって、少しずつ言葉を近づけてくるなら、いつかはそれを振り払って踏み潰して終わりにしようと思うよ。
もちろんそんなこと考えている暇はもうほとんど無いし、取るに足らない人間であることをあなたはやっぱり知らない。
腹を立てるなんて、結局はしょうもないことだと分かったよ。
何事も、人間に平等を求めるなんてことは、失うものが少ない場合に限っては必要無いって分かるでしょう。
もしそうじゃないときは、手段が用意されてる。

 

あなたしかいない
なんてことは無いよ。
誰も居ないからさ。
分かってくれたらそれでいいと思うの、なんて、私にとってはそれでも遠い誰かの話だよ。
分かってあげることはできる。
どれだけ価値や重さがあるか知らないけど。
求められたら、の話をすることも馬鹿馬鹿しい。

 

私は自分の世界をちゃんと作る。
私は満足するし、あなたはいつまでも可哀想な人間のまま。
仕方ないから。でも誰かを恨むってこともできない。
仕方ないね。
誰かがあなたのために世界を作ってくれるの?
誰かがあなただけを抱き締めて命を全てあげるの?
そうやって価値の無いあなたはどんどん腐っていって、まあ人間らしいと言えば人間らしいけど、それをするなら私には近づかないでよ。
入ってこないで。

 


私はたくさん嘘をついてる。
とても上手だからあなたは知らない。
本当の事を知っているのは、いつも私だけなのに、それでもあなたはいつも自信があるように言うよね。
そういうところがとても可哀想だと思う。
確信が得られないことに無理やりそれを擦り付けるのは、自分を正当化するのも大変そうだ。
世渡りじゃないけど、あなたはうまくやれてないよ。
だからどうするかって言うと、何もしてあげないけどね。

 

私はあなたを蹴り飛ばしてもまったく問題ないと思ってる。
そういうもんでしょ?
あなたは弱い者じゃない。
害だから、それは少し邪魔なんだよね。

 

近づかないでよ。
あなたが嫌いだから。

tell

しばらく書いてなかった。

 

他人にも人生があって、当人にとってそれが最重要であること。

他人は自分と同じようにできていることを、時々憎らしく感じる。

例えば死にかけの年寄りにも人生があって、ただそれのために、大きすぎてどうしようもない、理不尽の塊みたいなのに、ヨボヨボの足や声や顔で抗っている。

そんなところ見たくはないと思う。

これも理不尽極まりないんだけど、思ってしまう。

要するに人間の内側から、攻撃的で身勝手な力が外に向かって出ていて、人間みんな等しくそうなのだから必ず力が衝突する。

それが気にならないのは、理性の別の所で認める、或いは無視するってことができているからだ。

便利なシステムだ。

けれどもともと利口になんてなってしまったものだから、そこまでシステムを便利に複雑にする必要があったわけで、心理学とかで観れば面白いんだけど、僕から見たらそれはもう邪魔でしかないんだよ。

同じように邪魔をし合って生きていて、それを見ているとやっぱりしょうもない、と。

言いながら自分も文句ばっかり言ってる。

 

理不尽相手に文句言ったって解決しないし、現実的な対応はして、心で受け止めるなり無視するなり考えなきゃいけない。

たとえ自分勝手でも?

”制圧”

他人の望みや人生を潰してでも、自分が楽に幸せに生きる方法。

制圧が可能な力量差があれば、それはこちらの方により価値があるものだと見て。

 

・・・

なんとなく生きてれば簡単に終わるんだよ

考える必要だって無いかもしれない。

別の目的があるから、それを止めることはしないつもりだけれど。

 

― ― ― ― ―

冬休み気分が抜けきっておらず、割と怠い日々が続いている。

中古CD屋をまわって、お年玉を効率よく消費していく最近。

The BirthdayBLANKEY JET CITYのCDを買うなど。

ブランキーはアルバムほとんど揃った。

― ― ―

これから余裕が無くなってくるかも知れない。

ただ目まぐるしく訳の分からないうちに自分が離れていくのが怖い。

12/27

独りでいることや友達が欲しいということについて。

 

 

em

これまで、一体どれほど叫んだだろう。
報われないものや、本当に欲しているもののことを。
目に見えていたものは、徐々に変わっていき、僕の手がかじかんだまま、それは遠くに行ってしまう。
聴こえている?
きっと、聴こえていないのだろう。
確率の推定は実に意味の無いことで、分かり切ったことばかりを必死に考え直していた。
この街を見下ろしていて思うことは、いつもと変わりなかった。
心臓は全てを知っている。
”この意気地なしは、また決断を遅らせるつもりだ。”
きっとその通りだ。
それはまるで、通り過ぎた選択肢を振り返りながら、半ば永遠に後悔を続けるようなもの。
それでも僕は、そんな自分を肯定し続けてきただろう。
言葉を見失って、意味や環境の声だけを頼りにしていた僕は、また変わってしまった。
気がつかないうちに、過去の自分は遠くに居る。
必死に手繰り寄せても、彼は消えていく。
簡単なことだった。
いつでも未来を嫌っていたはずなのに、過去に嫌われないように努めることだけを考えていた。
求められたのは、どうにかして、すれ違っているその理論の筋を通すこと。
相関図を思考に張り巡らせ、最も安全な線を辿って僕に追いつこうとしているうちに、多くの選択を誤った。
ますます自分が分裂して増えていく様を見ている。

 

― ― ― ― ―
同時に、忘れてはいけないことがたくさんある。
彼らはそれを共有するべきだし、それが出来るならまた別の方法があっただろう。
あいにく僕は不器用な人間なので、思いを外に吐き出すことでしか輪郭を掴めないのだ。
同じ方法は長く続かない。
そこで躓いて、長く困惑していたときのことを思い出す。
それさえも、今の僕に繋がる、何か大切な事を抱えて笑っている。
安心してしまう。
後ろを振り返ったとき、過去の僕は、今の僕を嫌ってなんかいないと、そう思えるから。
嘘じゃない。
悲しみや涙や、些細な感傷も、全部僕の中でちゃんと形を持っていたって教えてくれる。
感情を信じてみようと思える。
もっと透明な水の中へ、澄んだ空気を吸って、実体を持った思いを携えて、前を向いている。
ぜんぶ、苦痛の結果だから。
昔の自分は、きっと可笑しくて笑っているだろう。
けれど、否定しないだろう。

 

― ― ― ― ―
恐ろしいことは、この先たくさんある。
どろどろした真っ暗闇も手放さないで、たまには泣いたっていいだろう。
僕なりのやり方は、多分感覚的に分かっている。
方法論は通用しないのだからそれが全てだ。

 

これは、
区切りをつけるための言葉。
目標を定めるための言葉。
新しいものに気づくための言葉。

 

言葉は簡単だ。
文章量が思考プロセスと経過時間に見合ってない。
思ったことをメモするだけ。
ってのがここの初めの目的だったな、多分。

 

じゃあ人間、これからもよろしく。
今日はそんなことを言える気分。