4:00AM

”考えろ”なんて言わないから

仕分け

こいつは関わってもいい人間か。

表に出ていない僕の苦手な部分があるんじゃないか。

本当は大嫌いなんじゃないか。

 

大して話したことのない人間を必死に仕分けしようとしている。

 

「こういう人とはあまり関わりたくない」

というラインが誰にでも存在するだろうし、僕にもある。

一般的に常識的な程度の線を置いている。

 

Twitterとか一年半やっていて、いろんな人間が居ることを、理屈ではなく感覚として理解した。

今まで出会ったことの無いような人間がたくさんいた。

たくさん話した。

 

リアルでの僕の周りにはどんな人間がいるだろうか。

 

線を侵されたら人は簡単に潰れてしまえるのだ。

 

人間とコミュニケーションを取る事に少しだけ恐怖を感じるようにもなった。

 

浅く広いコネクションを保ち続ける。

それは最終的に損となるだろうか。

 

「親友」は絶対に必要なんだろうか。

親友が出来ないまま大人になった人間はいただろうか。

居ない訳ないだろう。

 

その人はどんな風に生きているだろうか。

まだ苦しいだろうか。

もともと苦痛ではなかったのかもしれない。

 

僕はどうだろう。