読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4:00AM

”考えろ”なんて言わないから

結局は

結局は自分に都合のいい言葉を選んで信じるしかないんだよね。

いかに都合の悪い情報から目を背けてそれこそ半ば逃避みたいに自分を励ませるかが、つまり人間の能力だとしたら、その時点で人間はだいぶ汚いな。

他人がどうこうと言っていられる権利なんて誰も持ってないってことなのかもしれない。

 

とんでもない憶測があちらこちらに飛んでって、もう人間不信にでもなりそうな時とか、僕ならどれを選ぶでもなく立ち止まるだろうな。

勇気が無いから。

100%があり得ない世界だから、「自分を信じろ」という言葉すらもう信じられない。

大体、誰かの言葉に元気づけられるとか、私も頑張る、みたいなのは、結局できる人間しかできなくて、どうしようも無く暗い場所に居る人間は、もはやどんな言葉でも救えないと思う。

救おうと願って言葉を吐くよりは、それを理解したうえでただ支える、みたいなのが理想的なんじゃないか。

落ちていく人間を無理やり突き上げるんじゃなくて、それ以上落ちないように止める、それだけでいい気がする。

むしろそれしかできない、僕には。

人間みんな同じでもなけりゃみんな確実に違ってる訳でもない。

それどころかひたすら模範を見続けてみんな同じになろうとしてるんじゃないのか。

それならもうみんな同じになってしまえよ。

人間の価値とかが分からなくなって、できる人間と駄人間の区別がめちゃくちゃになればいい。

少なくとも自分だけの基準を持っている人間は折れない。らしい。

それを作る時なんじゃないか。今が。

そうやって好きな誰かを支えるだけでいい。

 

いや、訳分からないな。