読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4:00AM

”考えろ”なんて言わないから

さびしさみたいなもの

学校に行けばたくさんの人がいて、同級生の友達もそれなりにいる。

家にはいつも(だいたい)家族がいる。

Twitterでも、たくさんの人に優しくしてもらってる。

こんな身で満たされないなんて感じるのは傲慢だと思っていたから、あんまり書かなかったけど、なんとなく寂しいと思う。

どうしてだろう?

いつも楽しくて幸せな生活を、それが表面上だけであったとしても、僕は幸せ者のはずだし、本当に独りぼっちで寂しくてどうしようもなく感じている人は少なくないのに。

申し訳が立たない。

 

肉体的な寂しさと、精神的な寂しさ。

僕の心の周りには誰か居ただろうか?

ネットでの繋がりはその点にどうしても限界を感じる。

現実にそういう人が必要なんだろうけど、他の人ではそれが居るかっていうと、そうでもないように見える。

詰まる所、僕のは全てワガママなんじゃないかと思う。

だからあんまり怒らないで。

 

―――――・・・

写真を撮りに出かける計画を立ててる。

こんなのを始めたのが大体一年前だけど、今までずっと一人でやってきたなァ。

知らない土地に一人で行くのは結構心細い。

誰かと行こうにも、完全に僕の趣味であるものに付き合ってもらえる相手も居ない。

 

先日、自転車で転んだ。

それは久しぶりの事で、また自転車に乗るのが怖くなってしまった。

転んで車道に出ていたら轢かれていた。

本当に危なかったと思う。

 

こういうこともあって、最近、見る世界がやたら暗い。

一つでも小さな失敗をしようものなら即死してしまうようにさえ思える。

だから、出かけようとしてもあんまり気分が乗らない。

写真を撮らなきゃ、っていう使命感というか仕事感だけで動いている感じ。

もっと楽しまなきゃいけないのに。

ただのマンネリかもしれない。

 

事故死は勘弁。

いつも死ニタイナ死ニタイナなんて言ってる身ではあるけど、その瞬間が予期せずやってくるのは嫌。

自分で死に方を選びたい。

「死ぬ心の準備が出来てない」みたいな。

 

そんなわけで、お出かけを頑張ってやりきる。

写真を撮る。

ご褒美は焼肉!(?)