読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4:00AM

”考えろ”なんて言わないから

ひとは街に生かされてるなーと、感じる事がたまにある。

街で生きているんじゃなくてね。

主導権を無機物が握っている。機械が。

 

ちょっとした電車のダイヤの乱れでいろんなところに支障が出てたりしていて、僕は都会に住む人間じゃないから、テレビで見ていてどこか遠いところの話だけれど、確かにある。

それも全部人間が作ったものではあるんだけど、最近は人間よりも力を持つようになった。

良い事じゃないって、みんな分かってると思う。

人工知能がいろいろニュースになったりもした。

 

はっきり言って、怖い。

発展は止まることを知らず、それも結構な加速度で進んでく。

これから数年後に何が起こるかなんて誰も分からないし、きっと悲しいことも起こるような気がしてしまう。

人類は大昔の何処かで道を間違ったかもしれないなと、元も子もない事を考える。

 

いずれは何もかもが意識を持ち始めてしまうような。これは想像。

大都市の地下では大きな大きな心臓が脈を打っている。

メンテナンスを怠れば、何万もの、いやもっといるだろうか、それこそゴミみたいに溢れた人たちが文句を言い責め立てる。

僕は遠くで笑って見てたいなあ。

笑ってるよ、遠くで。