4:00AM

”考えろ”なんて言わないから

意味が無いこと

 どくきのこbotはいろんな人がDMで送ってきたのを自動的に呟くbotだから、これを誰が送ったかなんて知らないし分からないし興味も無いんだけれど。

「こいつ腹立つな」と。

思ったので少し、その続きを考えてみたい。

 

「生きることに意味は無い」

というのは正しいと思うし、僕も前々から同じことを考えていたけど、

この人みたいに、それを知ってるのをいいことに他人を見下そうとするのは、ちょっと違うかなって思って。

この人、僕とすごく似てる。

ついこの間まで僕もこういうスタンスだったから。

生きる意味が無いことを自分一人だけ悟ったような気分でいて、それを以て能天気な他人を見下して内心で笑っている。

 

でもなんか腹立ったから、自分なりにその先まで考えてみた。とりあえずメモ程度に。

 

「生きる意味は無い」と言うのは、たぶん、『自殺することは誰も否定できない』ことを証明する時のみ有効なんだ(たぶん、きっと)。

生きる意味が無いのだから、自殺したっていいでしょう。

でも、意味が無いからと言ってみんな死ぬべきだなんて言うのは少し違う。

別に意味の無いことをしたっていいもんね。

 

ここで言っている「能天気な人たち」は、生きる意味が無いことに(本当の意味で)気づいていないし、その人に生きる意味がある訳でもない。

 

大胆な手抜き、かつどこでも使える結論としては、

「生きたいと思う人にとっては生きる意味があり、死にたいと思う人にとっては死ぬ意味がある」ってことじゃないかな?

 

生きる意味を持てる人は、「生きたい」と思える人だけだ。

生きたいと思うためには、生きる意味が無いと知ってても生きたい理由が要る。

生きる意味が無いと知っていなければ強固な決意なんてできやしないだろうから。

 

だから、生きる意味が無いと分かった上で、それでも生きたいと思える理由があったり、好きなことや人がいたりする、そういう人が「生きる意味」を持てる。

(自信はあんまり無い)

 

まずは意味が無いことを理解する。

その後に、じゃあそれを分かった上でどう生きていくのか、ってことを考えるべきじゃないかな~って、僕は思うのですよ。

(全然自信無い)

 

 

― ― ― ― ― ― ― ― ― ―

僕は死にたいと思っているから、生きたいなんてきっと他人の話だけど、それでも前向きに物事を考えたいと思うし、死ぬ時だってできるだけ前向きになりたい。

死ぬことにネガティブな印象があまり無い。