4:00AM

”考えろ”なんて言わないから

partitions

1年間うまくやってきた。
うまくできてたはず。
今日みたいに躓いたことも、今まで何回もあったはずなのに、今日はとても寂しくなった。
壁がある。
いつの間にか区切られてしまう。
誰の傍にも居られないかもしれない。

 

一人が良いと見栄を張って、でも人と関わるのも嫌になったりして、結局どっちでも構わないんだけれど、ずっとぐるぐるしていた。
何もまとまらない無限ループ。
そもそも其処に言葉が無い。
まとめるも何も無い訳だ。

 

人と繋がりを若干絶っただけなのに、どうしてこんなに怖くなるんだろう。
いつだって手段はあるのに、どうしてこんなに苦しくなるんだろう。

 

頭が痛い夜、帰り道で考えるのは先の無いことばっかりだった。
本当に、何も見えてない。

 

自分が他人よりも人格的に劣っているとか幼いとか、考えたことが無かった。今もそう。
その点での努力っていうのが何を指すのか全く理解できない。
(本当に、全く分からないし、そんなことを堂々と口に出来る大人は凄いものだ。凄くみっともない。)
けれど、自分なりに脳をちゃんと働かせているつもりだし、真っ当にやった上で人に笑われるなんて屈辱でしかない。
嫌な事がたくさんある道でも、それを避けて通るために必死になっている。
役に立たないなんてことはきっと無い。

 

僕のような人と、或いは僕と、友達になってみたい。
急にそんなことを考え出して、自分でもおかしいと思うけれど、いつも相談相手は自分だけだった。
だいたい肯定してくれる。

 

他人が成長するのなら、僕も同じくらい頭を働かせないと、いつか僕そのものに価値が無くなってしまう。
元々どれほどの値が付くかは別として。

 

全部、僕次第だから、もっと落ち着いて。
早とちりをしないようにと思いながら、そしてたまに判断を遅らせすぎて人を困らせる。
まだ、笑っていられる範囲内だと思う。
でも先が無いのは確かだ。
何も見えないことは凄く怖い。
普通じゃない。
目の前に深い落とし穴があるのに、まだ気づいてないみたいに。