読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4:00AM

”考えろ”なんて言わないから

10/15

日記 考え事

僕は学生だから学校の人たちのことを考えながら書くけど、人間の心を想うといわれるようなものの考え方というのは難しすぎるな、と。
見る人間の問題よりむしろ対象の振る舞いが原因なんだけど、要するに僕らが見る他人、同じく他人から見た僕なんてのは、単なる”人間”とか”動物”とか”動いて喋るやつ”でしかない、というか。
うまく表現できなくて、少なくとも完全に”物体”ではないんだけれど、本来言われる”考える人”みたようなものには、そう簡単には認識されることはできないな、ということ。
前後左右に表情があって、声があって、その他設定されたプロフィールがあって、コミュニケーションを構成しているけれど、表面とはかけ離れたことを彼らが考えている、なんて意識しなきゃ分からない。
当たり前かも知れない。

 

たまたま近くにいるだけの知らない人のことなんかは特に、何考えているんだろうなんて思ってもくだらないことしか浮かばない。
馬鹿のような会話をしていれば馬鹿なんだろうと思う。
そういう人に対して人間の個性だとか存在価値が云々だとか、たぶん無理だよ求められない。
知り合いでないことが大きな理由なんだけど、もう手っ取り早くクズ認定してそれについて考えるのをやめにしたいだけなのかもしれない。
いずれにせよ彼と僕とはきっと違う世界の人間だから、と思えればそれでいいのだ。それも見下しているだけだ。

 

言いたいことは特に無いけど何か書こうと思って。
昨日も今日も明日もこれからも皆様お疲れ様でした。