読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4:00AM

”考えろ”なんて言わないから

12/16

あのことをあなたが言ったとしても、言わなかったとしても、僕の中の事実は変わらないし、優劣の差というものはたぶん引き剥がせないよ。
だから僕は誰かの生き事を無価値にしないように努める必要があって、それは誰でも同じことだと思う。
確かに、その点で言葉は武器になっていた。
それは自己顕示欲の発散だけでは済まされない、いつもの僕と同じように潜在的な事件を引き起こし、人を変える。
あなたにとっては、とても深刻な問題なんだろう。
口を利かないなら、いつまでも馬鹿にされたまま。
”分かり合えないね”なんてことを決めつけるのはとても簡単だよ。
そして今までの関係は全部なかったことになる?
敵と言えばいい?
僕らは多分、敵どうしだよ。
残念だけど、僕はあなたのことをちゃんと理解するまでは、見下し続けると思う。
僕にとってのあなたの価値がもう動かないなら、今はもう確定した僕の心が上にいるって、分かるだろ。
疲れてしまうよね。
本当はお互いに気に入らないと思いながら、表面上はとても仲良く過ごしている。
誰も気づいていないだろうから。
馬鹿馬鹿しい。
あなたのような人間はきっとこの世界によく似合っているよ。
そのままでいればいい。屑のままでも十分人間だと思うよ。