読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4:00AM

”考えろ”なんて言わないから

よそう

僕らは予測をする。
で、だいたいはその通りになる。
ボタンを押せば電源が入ると思うし、外に出れば寒いだろうと思う。
もうすぐで信号は青に変わるだろう、最終的になんとかなってしまうだろう、とか。

 

プラスやマイナスの感情は、予想との差のせいであることが多い。
割合低い不都合が起きた時、ツイてないと思う。

 

考えてみれば、予想は希望するというよりはむしろ、観測に近い。
こうなってほしいより、こうなってしまうだろうって。
当たり前のように合理的な観測をしている。

 

大体はそれに支配されてしまうし、それが常識。

 

何か見落としてはいないかと、不安になることがある。
当たり前に答えを出しているうち、いつの間にか違う道を行ってしまいそう。
常識が相手なら、誰も何も指摘してくれないだろう。

 

あと、未来も心配ではあるけど、もうすでにいろいろ間違ってんじゃないの?って。
過去を現代や将来に応用する必要がある以上は、振り返らないではいられないし、欠陥が見つかれば見直さなきゃならない。
ちなみにその点で僕は重大な―――――

 


現実的でないことは理解している。けど、僕は現実に結論を出している。
合理的でない過去の信頼に身を預けた僕のような人間と、もし他の大多数の人が同じだとしたら、きっと僕の色々が破綻する。
人と深くかかわることもなければ、そんなことは無いだろう、けど。