4:00AM

”考えろ”なんて言わないから

tell

しばらく書いてなかった。

 

他人にも人生があって、当人にとってそれが最重要であること。

他人は自分と同じようにできていることを、時々憎らしく感じる。

例えば死にかけの年寄りにも人生があって、ただそれのために、大きすぎてどうしようもない、理不尽の塊みたいなのに、ヨボヨボの足や声や顔で抗っている。

そんなところ見たくはないと思う。

これも理不尽極まりないんだけど、思ってしまう。

要するに人間の内側から、攻撃的で身勝手な力が外に向かって出ていて、人間みんな等しくそうなのだから必ず力が衝突する。

それが気にならないのは、理性の別の所で認める、或いは無視するってことができているからだ。

便利なシステムだ。

けれどもともと利口になんてなってしまったものだから、そこまでシステムを便利に複雑にする必要があったわけで、心理学とかで観れば面白いんだけど、僕から見たらそれはもう邪魔でしかないんだよ。

同じように邪魔をし合って生きていて、それを見ているとやっぱりしょうもない、と。

言いながら自分も文句ばっかり言ってる。

 

理不尽相手に文句言ったって解決しないし、現実的な対応はして、心で受け止めるなり無視するなり考えなきゃいけない。

たとえ自分勝手でも?

”制圧”

他人の望みや人生を潰してでも、自分が楽に幸せに生きる方法。

制圧が可能な力量差があれば、それはこちらの方により価値があるものだと見て。

 

・・・

なんとなく生きてれば簡単に終わるんだよ

考える必要だって無いかもしれない。

別の目的があるから、それを止めることはしないつもりだけれど。

 

― ― ― ― ―

冬休み気分が抜けきっておらず、割と怠い日々が続いている。

中古CD屋をまわって、お年玉を効率よく消費していく最近。

The BirthdayBLANKEY JET CITYのCDを買うなど。

ブランキーはアルバムほとんど揃った。

― ― ―

これから余裕が無くなってくるかも知れない。

ただ目まぐるしく訳の分からないうちに自分が離れていくのが怖い。