読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4:00AM

”考えろ”なんて言わないから

blue

心臓は動いているし脳は働いているのに”死んでいる”とはどういうことか。
生きてることと死んでることがどう違うのか。
人間は案外頑丈にできていると感じるときもあるし、案外脆いのだと思う時もある。
一度壊れてしまえば、その脆さに勘付いてしまえばトラウマが染み付いて四六時中怯えてしまう。
頑丈だと思ったらそれが複雑になる。
弱い者になりたい人はいる。
希少じゃない。
でも自分は頑丈だ。涙は出ないし悲劇も関わってない。
それでも誰かに守ってもらう、泣きじゃくる理由がどうしても欲しくなる。
そうして、量産型メンヘラが完成した。

 

死んでしまうことは、立て直しが効かなくなることだと思う。
やり直しではなく。
時間を戻すとか、それと同等の効果を求めているわけではなく。
数値がもう下降していくのを止められない様に。
生態的に生きていても、もしそうなれば死んでいるのと同じかもしれない。
ここまできて気づいたことがあるんだけど、死ぬか生きるかというのは、現代人、大半はあまり関係ないんじゃないか。
だっていつも問題になるのは生死の手前での重大な問題だ。
100で生き0で死ぬなら40~50を彷徨っているような人たちだから。(目安)
言葉上では「死ぬ~~☆(ゝω・)v」とかもう何の意味も無いし。

 

―――☆(ゝω・)vキャピ☆(ゝω・)vキャピ☆―――

 

自分がいま一番言いたい事に、それとなく似ているような、ありふれた言葉を用意されたテンプレから選び取ってコミュニケーションをとるので、どうしても誤解が多発して、どちらも悪い訳じゃ無いのにお互いがお互いを分かってくれないような気持になる。
それからずっと、何が本心なのか探りながら人と会話をしてるんだけど、疑いだけで始まって疑いだけが残るからよくない。
言葉だって本音や感情に一番近いものを選んでいるだけなので(それを言っちゃお終いだが)その差を疑い始めるときりがない。
けれどそれが分かり合えるようになったら素敵なことだと思う。
自分には、無理だろうけど

 

―――狭い部屋で独り、パソコンだけと向き合って何日も過ごしていて、それとなく言葉が浮かんだらメモ帳に書き留めておく。
そうじゃない時もある。
何かしなきゃ損だよなあと時間を無駄にすることがよくある。
愛されたいという妄想も人と距離ができるにつれて目に見えるようになってくるし、収拾がつかなくなって困り果てていたりする。
4月になる。
春は心がむかむかするから好きじゃない。
寒い時は心が空っぽで痛いけど、その痛みはむしろ愛着が湧くような痛みであって、本当に激痛ってほどじゃない。
ニヒリズムばっかりが脳を占めている訳じゃ無いけど、むしろ何も無いところに生まれるどうでもいいようなどうでもよくないような思考が大好きなので。
もちろんいつまでもそうやっていられるわけじゃないんだ。
2年くらい前から意識し始めて、ちょっと早すぎたかとも思う。
本当にシャレにならないくらい追いつめられたら、助けても言わず独りになると思う。
心の底のどこかでは、そんなことにならないって信じてる。
でも自分の頑丈さに気づいている人間なので、いつまでも自分を上手く騙してやっていけるかどうかなんて分からない。
執行猶予が確実に減っていく。