読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4:00AM

”考えろ”なんて言わないから

靴擦れ

自分の名誉が傷つけられることを恐れない人間は、やがて他人の名誉を傷つけることになる。
それは、他人の名誉を傷つけることは、自分の名誉をリスクに晒し、傷つけられ失うことの第一段階だと言えるからだ。
(その時点で大半の人間はその進行を止められないし、これは正常な事だと思う)

人に笑われることを恐れない人間こそが、本当に汚い意味で他人を嘲笑う。
別の地点から第三の力が働かなければの話であって、同じような仕組みの社会的な上位互換であれば、法律とか規則によって抑止が効くが、コミュニケーション上のくだらない問題(僕はくだらないとは思わないけれど)では、感情論的な空気が支配するので誰も止めてくれなかったりする。

「人にやられて嫌な事は、人にするものではない」
幼いころから言われ続けてきた言葉は、意味があるとしたらそういうことなんだろう。
僕の知る意味で信用する理由が、十分すぎるほどある。

 

―――

 

人生の敵に立ち向かうことを推奨、応援する歌。
これが世に蔓延することで、その場の全員がその言葉に縋るという凄惨な現状。
正義の少数を支援するべきものは、いつからか大衆の背中を押す。
敵は誰だ?
私には一つ、穏やかな閑静をください。

 

―――

 

靴擦れ。
新しいスニーカーを履き始めて、数日たってのこと。
かかとの少し上、靴下と白い生地に血が付いていた。
歩いているうちに痛みは気にならなくなっていて、その間に血液は流れ出ていく。
機関があれば靴の形状も整う。
何も苦ではないはず。

必要な事ならやれる人間だって思う。
そうしているうちに生力が流れ出ていっても、誰かのためだとか言った途端に、青白い顔で「これでいいの」と言う。
でも純粋に自分自身のためにできることに大して最大限の努力を尽くした記憶は無い。
いつも最後だけ失敗する人間。
あまりにもそれが”自分らしくて”笑えてきた。

 

―――

 

「人間らしさ」という言葉を嫌いな人間に対して使う時。
この言い方の全体が、その社会的な存在規定と意味を内包していて、いわゆる『社会的人間』らしさを言っている。
これはもともとの野性的人間(ヒトって云うやつ?)としての規定をまったく知らないどこかに放置して、今ではもはや人間=社会的人間でしかあり得ないのだという事実、ごく自然な流れの結果。
そういうわけで、嫌いな人間、大体は気に留める必要も無い愚か者(なのに無関心でいられない自分は未熟だなと感じる)に対して言う「人間らしい」は、要は社会的、その名誉の面で恐れている結末を避けるための必死な愚策に溺れているという構図を卑しいと思っているだけのこと。